Kaggleで本名(フルネーム)を公開したくない時の方法

出典:https://lp-tech.net/articles/0QUUd

先日、Kaggleに登録しようと思って公式サイトでアカウントを作りました!

フルネームでアカウントを登録した方がメリットは大きいと思うのですが、私はフルネームで登録したくなかったので、方法をまとめておきます。

まずはKaggle公式サイトから『Create an account』をクリックしましょう!

kaggle公式ページ

クリックすると以下の画面が出てきます。

Facebook, Google, Yahooのアカウントを使いたい人はボタンをクリックし、使わない人は『Manually create a new account』をクリックしましょう!

アカウント登録画面1

今回は『Manually create a new account』をクリックした場合をご紹介します。

以下の画面が表示されていると思います。下4つの項目はそれぞれメールアドレスとパスワードで、Facebook, Google, Yahooのアカウントを使った方には表示されません。

お使いのメールアドレスと好きなパスワードを入力してください。

アカウント登録画面2

問題は以下の2つです。

アカウント登録画面3

この2つはアカウント作成する上で必ず入力します。

使用用途は、『Username』がプロフィールページのURL、『Display Name』が様々な場面で公開される名前と説明されています。また『Display Name』はフルネームが推奨されています。

ここで重要なのは『Username』は変更する事ができず、『Display Name』は変更することが可能であることです。

そのため、『Display Name』は適当につけても問題ありません。わたしはchitaraで作成しました。

おそらくですが、『Username』がID、『Display Name』がアカウント名的な立ち位置なのでしょう。

またKaggleを使って行く上で、何かわかればブログで紹介して行きたいと思います。