東京で人が少ないお花見の名所!〜洗足池公園〜

chi-taraです。

本日は2018年3月25日(日)に行ってきたお花見について書いていきたいと思います!

お花見ってすごい楽しいですが、人が多くて十分に楽しめない!

そういうことって結構ありますよね...(私が人混みが苦手なだけかもしれませんが)

ですので今回は人が少ないお花見の穴場である洗足池公園でお花見をしてきました!!!

その時のことを詳しく書いておきますので、洗足池公園でのお花見を検討している方はぜひ参考にしてください。

洗足池公園でお花見するメリット

まずはざっくりメリットを紹介いきます。

  • 全く場所がない!というほど混んでいない
  • 駅から近い
  • 屋台(露店・出店)がある

一番大きなメリットはこの3つです。

このあと写真を交えて、感想を書いていきますので、時間のある方はぜひ読んでいってください。

実際にお花見をしてみて

駅から近い!

今回私はシートで場所をとったりせず、食べ歩きをしながら回りました。

一番最初に驚いたのは駅からの近さです!

google mapを見てもらっても分かりますが、東急池上線 洗足池駅を降りて、横断歩道を渡るとすぐに洗足池公園です。

徒歩で約1分くらいでしょう!

アクセスが楽なのはとても便利ですよね!

横断歩道を渡ったあとの風景

ボートもありますので(私は乗っていませんが)、花見以外でも楽しむことができます! ボートに乗っている様子

屋台がある!

湖を囲むように出来ている道を左側から進んでいくと、様々な景色や桜を見ることができます。

とてもきれいなので心が和みますね!

風景1
風景2
風景3
風景4

もう少し進んで、橋を渡り終えると屋台が見えてきます。

大体30店舗くらいあり、たこ焼きや、ケバブなどを買うことができます。

売っているものは普通のお祭りと似たようなものでした。そのため、飲み物が少し高いので先に買っていいくと良いでしょう!

屋台

お花見をしよう!

さらに進んで行くと、桜がたくさん植わっているエリアがあります。

大勢の人が、シートを敷いたり、ベンチでお花見をしています。

私が見たところお花見エリアが2つあって、人が少なめのエリアと、人で溢れかえっているエリアがありました。

人が少なめのエリアでは、シートを敷ける場所が限られているため、団体の方はあまり見かけませんでした。

そのため、家族やカップルなど少人数の方はこのエリアでお花見をすると良いでしょう。

人が少ないエリア

逆に大勢でお花見をする予定の方は、公園(人が大勢いるエリア)で、早めの時間からシートを敷いて場所を取って置く必要があるでしょう。

公園エリア

まとめ

いかがでしたか?お花見をめったにしないので紹介が下手くそだったと思います。

足りない情報があれば、コメントでも、チャットボットのレビューからでも教えていただければと思います。